女性ホルモンの分泌のメカニズムは・・・

女性ホルモンの分泌のメカニズムは・・・

女性ホルモンには卵胞ホルモン、受精した卵子が子宮で着床しやすいようにするもので、それは女性の体を成熟させて曲線を帯びた体つきとなり、女らしくなっていくものです。

黄体ホルモンは受精した卵子をしっかりと着床させるような働きがあります。

心や体に大きな影響を及ぼす女性ホルモンのメカニズムは、脳からの指令により卵巣から分泌されています。

卵巣からのホルモンの分泌量は脳がチェックしていて、減ってくると増えるように、また、増えすぎると減るようにと指令が出されているのです。

しかし、その指令を出す部位はストレスなどの影響をとても受けやすいのです。

関連記事

  1. ラジオ体操のダイエット効果について

  2. 更年期の生理の傾向

  3. 猫背の原因

  4. 大豆イソフラボンの効果効能

  5. ストレッチは肩こり対策に役立つ

  6. 角質とは肌の表面にある層で非常に重要です。