なぜ足のむくみが起こるのか、その原因について。

なぜ足のむくみが起こるのか、その原因について。

夕方になるとブーツがきつくなるなどの足のむくみに悩まされている方は大変多いと思います。

ふくらはぎは第2の心臓といわれており、心臓から体を巡ってきた血液をまた心臓へ戻す働きをしています。

この循環がうまくいかなくなると、血液やリンパの流れが滞りむくんでしまうのです。

1日中立ちっぱなし・座りっぱなし・筋力が低下している・冷え性・塩分の取りすぎなどが原因としてよくあげられます。

このような状態ではふくらはぎのポンプ機能が低下したり、血行不良や体の水分過多を引き起こしてしまうからです。

また症状がひどい場合、下肢静脈瘤や心臓・腎臓疾患といった病気が隠れていることもありますので注意が必要です。

関連記事

  1. 更年期の生理の傾向

  2. ダイエット、食事や適度な運動

  3. 大豆イソフラボンの効果効能

  4. 猫背の原因

  5. ラジオ体操のダイエット効果について

  6. 冷え性を改善する食事について